河村清明著『超サバイバル時代の馬産地ビジネス 知られざる競馬業界の「裏側」』発売!

basanchi馬をつくっても売れない――長引く不況から取引価格が下がり、多くの生産者が廃業に追い込まれている。
いったい、馬産地では何が起こっているのか。
社台ファーム・吉田照哉氏、ビッグレッドファーム・岡田繁幸氏、HBA組合長・前川敏秋氏、メジロ牧場・岩崎伸道氏・日進牧場・谷川利昭氏、藤原牧場・藤原悟郎氏など約40名の関係者の生の声から、馬産地の現状と今後を浮き彫りにしていく。
馬産地の実情を記した迫真のルポルタージュ!

※本書の内容は刊行当時の制度について言及しているため、現在の制度とは異なります。
さらに、刊行から現在にいたるまで多くの牧場やクラブが廃業しているため、いくつかの情報は過去のものになっています。
しかしながら、本書は馬産地ビジネスの仕組みについて知るにあたっては、時を経た今もなお有益であると判断し、電子版を出版する運びとなりました。

【内容】
序章 外国産馬が勝った天皇賞
第1章 いま「馬の生産地」で何が起こっているのか
第2章 馬産地「日高」の光と影
第3章 次世代経営者が打つべき「一手」
第4章 社台、メジロ、BRFの熱い視線
終章 これからの馬産地で生き残るために
あとがき 成長の息吹と退廃の中で

【著者】
河村清明(かわむら・きよあき)
山口県出身。北海道大学文学部国文科専攻を卒業後、株式会社リクルートに入社。1996年に同社を退社したのち、執筆活動を始める。同年、「優駿エッセイ賞」を受賞。
著書には『馬産地ビジネス』『JRAディープ・インサイド』『馬産地放浪記』(以上、イースト・プレス)、『三度怒った競馬の神様』(二見書房)、『ウオッカの背中』(東邦出版)、『ウイニング・チケット』(原作、講談社)などがある。
電子書籍『ミスター・ジャパンカップと呼ばれた男 競馬国際化の礎を作り上げた「異端」の挑戦』『競馬 衝撃の敗戦列伝 敗北を糧に頂点を極めた名馬たち』『競馬 衝撃の敗戦列伝2 運命を分けた一戦の知られざる真実』『ウオッカvsダイワスカーレット 天皇賞 運命の15分と二人の厩務員』『JRAディープ・インサイド 主催者が語る日本競馬の未来』『超サバイバル時代の馬産地ビジネス 知られざる競馬業界の「裏側」』など。
競馬関連の著作について業界の内外を問わず高い評価を得ている。

kindleで買う!
koboで買う!
そのほかの作品をチェック!

【試し読み!】


Switch to our mobile site