吉野秀著『なぜデキる人は言い訳がうまいのか? 場面別 自分の価値を上げるポイント&切り返し110 』発売!

まえがき 「君、言い訳の天才だね」は最大の賛辞
「まったく、本当に……。お前は言い訳の天才だな」
「てへっ」
これが、本書を手に取った方々が目指す最終目標です。
そもそも「言い訳」という言葉にはマイナスイメージしかない。そんなものが上手になったところで、何の役にも立たないのでは……。
もしも、あなたがこのように考えたとしたら、世間の荒波にさらされていない証拠です。きっと大事に育てられてきたはず。これまでは、誰かが体を張って守ってくれていたのでしょう。
しかし、世間は甘くありません。容赦のない罵倒や叱責を受ける、白い目を向けられながら非難される、全身全霊を傾けてなじられる……。仕事を真面目にすればするほど、恋愛経験を積めば積むほど、人脈が広がっていけばいくほど、こうした場面が増えていきます。
待ったなし。あなたは窮地に立たされた状態。
そんなときに最強の武器となるのが『言い訳』です。
その効果はバツグン! 相手から理解・納得を得られるだけではなく、その場の雰囲気までも和らげてしまいます。
つまり、その場をしのぐひと言、切り返すひと言、効果的な言い訳が、いざというとき、あなたの身を守ってくれるのです。
たしかに『言い訳』には、マイナスのイメージがあります。失敗を棚に上げて自分を守る、人のせいにして逃げる、はぐらかす、のらりくらりとかわす……。使う人は無礼で卑怯。下手をすれば「あいつは自己を正当化して飯を食っている」と非難されてしまう。
でも、冷静に考えてみましょう。たとえば、あなたの同僚がミスを犯し、あなたは1週間、残業三昧の日々を過ごす羽目になったとします。そのとき、あなたの同僚が「ごめん」のひと言しか言わなかったら……。あなたはそれで納得できますか? その人を許せますか?
私は納得できません。やはり、言葉によるフォローがあってしかるべきです。
失策を潔く認める。とってつけたような説明ではなく、解決への道筋を正確にわかりやすく話す。ときにはユーモアを交えて、心へズシリと響く言葉を加えてくれれば……、相手を攻める気は一気に失せます。逆に「もう、わかったから、そんなに気にするなよ」となだめてしまうかもしれません。
言い訳には、こうした効果があるのです。コミュニケーションを潤滑にし、明るく創造的な人間関係を築き上げます。

もちろん、正しく使わないと大やけどをするという性質も、言い訳は備えています。この点には要注意。屁理屈や暴言と紙一重――、いつ、誰に、どのように言うかで、単なる開き直りになり下がります。
そこで本書では、言い訳する際の正しいルールや注意点を第1章で説明していきます。続く第2章では、取材の中から拾い上げた名人級の言い訳を披露します。ただし、私の独断と偏見で選択していますので、使用後の責任は一切負いません。この点はあしからず。
なお、第3章では、あなたの言い訳レベルをアップさせるため、事例を用いながら具体的なテクニックを伝授いたします。明日からすぐに実行できるものも多いと思いますので、日々精進しながら『言い訳の名人』へ近づいていってください。

第1章 言い訳で自分の価値を上げるポイント13

言い訳に市民権を与えよう
「愛する人に本当のことを言われるよりも、だまされているほうがまだ幸せなときがある(ラ・ロシュフーコー)」
「煙草をやめるなんてとても簡単なことだ。私は百回以上も禁煙している(マーク・トウェーン)」
偉人たちの言葉には重みがあります。何を言っているのかよくわからないけれど、とにもかくにも、奥深い教えをいただいた気になります。
そんな底が見えない格言を、ここでみなさんに披露しましょう。
人は言い訳をすべき動物である。
言い訳をしてもいい、では正しくありません。すべき、が強調されている点に着目してください。これは、私たちの義務なのです。
失敗したとき、相手が予想外の出方をして対応が間に合わないとき、このままだと形勢が不利なので流れを変えたいとき、怒鳴りまくられる状況、そして、その場をとりあえずしのぎたいとき……。
ある意味、あなたはとても苦しい立場です。そんなとき、この格言を思い出してください。そうだ、「言い訳をすべきなのだ」と。
タレントのアン・ルイスさんはデビュー当時、「新人のくせに外車に乗って、少しは立場をわきまえなさいよ」と嫌味の嵐を浴びたそうです。こういうとき、たいていの人は、即座に謝り、許しと救いを求めるでしょう。
しかし、彼女は笑顔で一言。
「でも私、外人だヨ」
さらにダメ押し。
「右ハンドルには慣れていないの。事故を起こしちゃ、いろんな人へ迷惑をかけるし~。でも、覚えたいんで~す。今度運転教えてください」
一見生意気に聞こえます。多分、彼女は生意気だったのでしょう。
しかし、彼女の切り返しには、『①明確な理由の明示』『②相手を傷つけない』『③今後の展開』が盛り込まれており、極上の言い訳に仕上がっています。彼女は、今日の敵を明日の友へ導き、芸能界でも屈指のネットワークをつくり上げましたが、その原点がここにあるのではないでしょうか?
マイナスイメージの強い言い訳がプラスへ転化されたとき、その価値がグンと高まる事実を示した一例です。
す《・》べ《・》き《・》の背景はここにあります。
言い訳は相手を理解・納得させたうえで、「そこまで言うなら、しょうがねえよなぁ」と「苦笑+了承」へ至らせるコミュニケーション・ツール。黙秘権を使ったり、心のこもらない謝罪を繰り返したり、ときに逆ギレしてしまうような行為は、相手を軽視し、侮辱することに他なりません。
ギスギスした関係に油を差し、充実した時間をつくり、生産効率を高める――。物理的、精神的な余裕は新しい息吹を次々と産み出します。自分の価値を磨くためにも、日陰の身である言い訳へ市民権を与えましょう。

〈ポイント〉
人は言い訳をすべき動物である

kindleで買う!
koboで買う!
そのほかの作品をチェック!

割引キャンペーンや新刊情報を知りたい方はこちらからメルマガ登録!


Switch to our mobile site