河村清明著『ミスター・ジャパンカップと呼ばれた男』発売!

熱き男たちの仕事の流儀japancup1とは?
世界の強豪を迎え討つ、日本競馬初の国際レース創設までの舞台裏を描く!

【本文より抜粋】
なぜ今、第一回のジャパンカップを追いかけるのか。取材を進める途中、何人にも同じことを聞かれた。
昨今の競馬を取り囲む状況をどう見るのか。答はそこにある。JRAの充実したファンサービスを始めとして、今の競馬の在り方に満足するのであれば、過去など振り返る必要はない。これからのレースに思いを馳せて、心を躍らせていればいい。
しかし、業界が活気を失い、閉塞感に覆われてしまっていると見るなら話は別だ。私たちは過去に何らかの打開策を見つけなければならない。それが最も早く、最も確実な方法ではないのか。
騎手・調教師の免許制度を含めた中央の厩舎の在り方、さらには中央・地方の関係性を例にとるのがわかりやすいと思うが、大昔に導入したシステムはとっくに崩壊の兆しを見せている。にもかかわらず日本の競馬では誰もが大なたを振るえない。取材する立場の一人として、また馬券を買うファンの一人として、何か打開策はないのか、何か学ぶべきテキストはないのか、とずっと考えていた。そんな時、私は北原義孝の存在を知ったのだ。

【内容】
序章 暗雲
第一章 焦燥
第二章 胎動
第三章 震撼
第四章 光明
第五章 凱歌
終章 覚醒

【著者】
河村清明(かわむら・きよあき)
山口県出身。北海道大学文学部国文科専攻を卒業後、株式会社リクルートに入社。1996年に同社を退社したのち、執筆活動を始める。同年、「優駿エッセイ賞」を受賞。
著書には『馬産地ビジネス』『JRAディープ・インサイド』『馬産地放浪記』(以上、イースト・プレス)、『三度怒った競馬の神様』(二見書房)、『ウオッカの背中』(東邦出版)、『ウイニング・チケット』(原作、講談社)などがある。
競馬関連の著作について業界の内外を問わず高い評価を得ている。

kindleで買う!
koboで買う!
そのほかの作品をチェック!

【試し読み!】


Switch to our mobile site