河村清明著『三度怒った競馬の神様 サラブレッドに魅入られた男たちの物語』発売!

cover小栗孝一と怪物オグリキャップとの十年愛、生殖能力を喪失したサクラユタカオー最後の賭け、元証券マン、ゼロからの牧場運営……
人と馬との強固な結びつきを描く、競馬ノンフィクションの最高傑作!

【内容】
第1章 ニュージーランド競馬紀行――第九回JC馬・ホーリックスの物語
最高の馬が出るセリ市/セリ中に起こったハプニング/ブライトヒル・ファームのもてなし/ホーリックスのいる牧場へ/オサリバン調教師の言葉/金子さんからの質問
第2章 騎手がムチを置く時――東信二の五二九一鞍の物語
間の悪い一日/気配りの人/強固な決意/職人気質の代打男/決断の時/ささやかなセレモニー/変わりなき強烈な自負
第3章 家族牧場、二人三脚のダービー挑戦――京野夫妻とミツルリュウホウの物語
日高の小さな家族牧場/小さな体でがんばった/悪戦苦闘の日々/内地への出稼ぎを決意/愚直なまでの一途さと情熱を持つ男/岡田繁幸に見出される/零細牧場の賭け/わずか3ヵ月の闘病生活/お父さんのやり方は間違っていなかった/断ち切られた一本の糸/長年にわたる努力の結晶/かけがえのないクリスマスプレゼント/平成一五年のサマーセールにて
第4章 受胎ゼロからの再出発――サクラユタカオーと彼を見守る人々の物語
皮肉なタイミングの記事/内国産種牡馬のエース/シンジケート・ユタカオーの再結成/短期間に能力を凝縮するタイプのタネ馬/命ある限り……/危機にありながら幸せな馬/種牡馬サクラユタカオーの引退/サクラユタカオーの血を継ぐ者たち
第5章 生産者として、さらには経営者として――元証券マン・ミルファーム清水敏とユーワファルコンの物語
突きつけられた幸せ/決断力と邁進力を持つ男/証券の営業マンとして、抜きん出た能力を発揮/人との出会いに恵まれた/金がどんどんなくなっていく/経営者としての挑戦/牧場経営の本質
第6章 がんばれ! ホッカイドウ競馬――存続を目指す地方競馬の物語
危機に瀕するホッカイドウ競馬/頻出する存廃論議/開催廃止のドミノ現象/再起を賭けた門別開催/現場責任者・佐々木の苦境/対策室・小浜の奮闘/熱意の男・角南/生産界最後の砦/地方競馬再生の処方箋/追記
第7章 サンデーサイレンス亡き後の種牡馬地図――新しい道を模索する馬産地の物語

すべてにおいてケタ違いだった/無料の種牡馬に人気が集中する意味/一流種牡馬を導入できるのはJRAと社台だけ/「これ以上緩和された条件はない」/気力をなくしたときにすべてが終わる/サンデーを中心とした天動説/サイレンススズカはもう絶対に作れない/今後のシナリオ/サンデーサイレンスへの献杯
第8章 熱を帯びた記憶――小栗孝一と怪物オグリキャップの物語
上の世代の記憶/オグリはなぜ人を熱狂させたのか/最高成績は初年度だった/高いタネ馬の子が必ず走るわけではない/オーナーが貫く「意志」/オグリという巨大な熱源
最終章 三度怒った競馬の神様――わが友とバブルガムフェロー、サイレンススズカの物語
額縁の中の男/競馬の神様の怒りを買った/バブルカンパニーの九三/酔っぱらいたちの小さな冒険/神様のお恵み/後輩の置きみやげ/天井から舞い降りた賞金の幻影/巨大な力に捉えられたサイレンススズカ/ハイペースの至福
あとがき いつも競馬は僕たちを励ましてくれる

【著者】
河村清明(かわむら・きよあき)
山口県出身。北海道大学文学部国文科専攻を卒業後、株式会社リクルートに入社。1996年に同社を退社したのち、執筆活動を始める。同年、「優駿エッセイ賞」を受賞。
著書『馬産地ビジネス』『JRAディープ・インサイド』『馬産地放浪記』(以上、イースト・プレス)、『三度怒った競馬の神様』(二見書房)、『ウオッカの背中』(東邦出版)、『ウイニング・チケット』(原作、講談社)などがある。
電子書籍『ミスター・ジャパンカップと呼ばれた男 競馬国際化の礎を作り上げた「異端」の挑戦』『競馬 衝撃の敗戦列伝 敗北を糧に頂点を極めた名馬たち』『競馬 衝撃の敗戦列伝2 運命を分けた一戦の知られざる真実』『ウオッカvsダイワスカーレット 天皇賞 運命の15分と二人の厩務員』『JRAディープ・インサイド 主催者が語る日本競馬の未来』『超サバイバル時代の馬産地ビジネス 知られざる競馬業界の「裏側」』、『いのちを繋ぐ馬産地の物語 旅立つサラブレッドの原風景』(共著)など。
競馬関連の著作について業界の内外を問わず高い評価を得ている。

kindleで買う!
koboで買う!
そのほかの作品をチェック!

【試し読み!】


Switch to our mobile site