増田剛己著『ビジネスに効く15分の法則 時間を生み出すタスク管理術60のルールとタブー』発売!

cover15分区切りで時間をアレンジすることで、生産性が飛躍的に向上。
現代人必須のスキルで、仕事もプライベートも充実!

「一流」と呼ばれている人が実践するタイム・マネジメントのノウハウを伝授!

【本文より】
「時間」というものは社長であろうとヒラ社員であろうと、どんな人間にも1日は24時間で、平等である。だからこそ与えられた時間をどう使うかで、仕事の能率やプライベートな時間の充実などの個人差が出てくるわけだ。同じ寿命をまっとうしたとしても、その人の時間の使い方次第で長くもなるし短くもなる。
人間の能力にさほどの違いなんてない。たしかに天才というのはいると思うが、そういう人は、何か他の能力に欠けていたりするものだ。まあ、天才は除いて、普通の人間として生まれてきたからにはほとんど能力差はない。ただあるのは時間差だけだ。膨大な仕事量をこなしている人は、要領よく時間を使っている結果なのである。

【内容】
まえがき 15分単位で時間を考えるのはなぜか
第1章 人生を分かつのは能力ではなく時間の使い方
第2章 朝の15分
第3章 通勤途中の15分
第4章 始業前の15分
第5章 効率よく仕事をするための15分
第6章 仕事を楽しくするための15分
第7章 オフィスを出る前の15分
第8章 15分でキメる会話術
第9章 15分で人脈を広げる技術
第10章 自分らしさを磨く分間PI術
第11章 知的生産をするための分
第12章 オフタイムの15分を充実させる

【著者】
増田剛己(ますだ・たけき)
1958年、山口県生まれ。桃山学院大学卒業。出版社、広告代理店を経てフリーライターとなる。
著書『知的時間活用術』(日本経済新聞社)、『時間3倍活用術』(日経ビジネス人文庫)、『思考・発想にパソコンを使うな』(幻冬舎新書)、『脳を丸裸にする質問力』 (アスキー新書)など。

kindleで買う!
koboで買う!
そのほかの作品をチェック!

【試し読み!】


Switch to our mobile site