cover1野村證券の第一線で取引していた専門家による投資の極意とは?
財産のすべてを株で築いた著者が、これまでの取引実績を大公開!
バブルでもデフレでも、常に利益を出せる!

【本文より】
私が株式市場から取ってきたものは「資産」と呼べるほどのものではない。ほんのささやかなものだ。今、東京証券市場に五〇〇兆円強の時価総額がある。誰がどれだけ取っていってもいいのだ。その一〇〇万分の一を自分の取り分として持ってきても、誰も文句はいうまい。一〇〇万分の一だ。ささやかなものだ。ちなみに、それは五億円だ。
この札束の山を目の前にして、この巨大で公正な自由市場を目の前にして、黙って見ている手はないだろう、といいたいのだ。
ここに書くことはまったく見識を疑われそうだし、往年の顧客のことを思えば、誠に忸怩たるものがあるが、事実として明らかにしておこうと思う。私は結果的には人様の資金を実験台として体験知を積み、その後の三〇年を自分のカネを増やすことに専念したのだ。
本書は神がかり的な〇・〇一%の人を対象とはしない。私にそんな能力もない。本書は普通の常識的な九九・九九%の人々を対象としている。「ほんの少々の努力を継続していけば」という条件つきながら、誰にでもできる方法を説いている。現に、この私がやってきたことだ。私がやってきた実績を、私の取引先の証券会社の顧客勘定元帳を公開しながら説明しよう。
読者諸賢よ、公正で巨大な札束の山へ、ささやかな冒険の旅に、心躍る旅に、さあ出かけようではないか。適度の緊迫感。人のできないことを俺はやったんだという快感。我慢の報酬・恐怖の報酬としての札束。私のいう「教養がカネになる」証拠としての札束。慢心して間違わないように自分を律するストイシズム。質素に暮らすことが趣味となる心境。こんなスリリングで楽しい場はこの世にない。

【内容】
はじめに 教養がカネになる
〈理論編〉
第1章 本気で儲けたいあなたに
 1 すべて「本物の記録」である
 2 市場に参加する資格があるか
第2章 ジャングルを生き抜く五つの心得
 1 実践に入る前に
 2 心得その一 プロを真似るな、プロは損する
 3 心得その二 市場は生き物。人の心理に着目せよ
 4 心得その三 みんなと同じは失敗のもと、他人と違う行動をとれ
 5 心得その四 人は必ず間違える。その間違いを狙え
 6 心得その五 長期で保有するか、短期で儲けるか
〈実践編〉
第3章 ねじれ現象を探せ
 1 異常な株価に注目する
 2 ねじれ現象、私の実践記録
 3 銀行株に果敢にチャレンジ
第4章 下げ相場で確実に儲ける
 1 下降局面では「日経平均の空売り」で勝負する
 2 ETF、私の実践記録
第5章 中国株・インド株は手軽な投資信託が狙い目
 1 急成長を遂げる新興国市場
 2 投資対象個別、私の実践記録
第6章 未公開株を入手する
 1 未公開株投資とは何か
 2 未公開株、私の実践記録
 3 未公開株の株価を試算する
第7章 期間限定の裏ワザ紹介
 1 インデックス入りを売り、インデックス外れを買う
第8章 さらに高度なテクニックに挑戦!
 1 割高株を空売りして、同額の割安株を買う
 2 移動平均線との乖離を空売りする
 3 コモディティ投資信託を買う

【著者】
山崎和邦(やまざき・かずくに)
1937年、シンガポールに生まれ、長野県で育つ。1961年、慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村証券入社。1974年、同社支店長。同社を退社後、三井ホーム九州支店長に就任、1983年同社取締役、1990年同社常務取締役兼三井ホームエンジニアリング社長。退任後の2001年、産業能率大学講師として「投機学」講座を担当。2004年武蔵野学院大学教授。現在、武蔵野大学大学院教授兼武蔵野学院大学名誉教授。投資歴51年、前半は野村証券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築。晩年は投資家兼研究者として大学院で実用経済学を講義。ラジオ日経「木下ちゃんねる」、テレビ番組「ストックボイス」ゲストメンバー。
著書『常識力で勝つ超正統派株式投資法』『大損しない超正統派株式投資法』など。
電子書籍『4億円投資家直伝 実践 金儲け学 チャンスを逃さない投資の心得39』『スゴい投機家に学ぶ、金儲けの極意12』『名言に学ぶ金稼ぎ法則 世界の賢人が語るカネの真実40』『クソ上司の尻馬に乗る7つの美醜なき処世術 なぜ、イヤなやつほど出世が早いのか』『詐欺師に学ぶ 人を惹きつける技術 仕事に効く人付き合いのポイント44』『投機学入門』『投資詐欺』『常識力で勝つ 株で4倍儲ける秘訣 投資で負けない5つの心得』など。

■ホームページ 投機の流儀
http://u111u.info/ks8n

kindleで買う!
koboで買う!
そのほかの作品をチェック!

【試し読み!】