渡辺敬一郎著『競馬の裏事情 疑惑の闇歴史』発売!

watanabe_urajijo八百長、誤審、隠蔽……
闇に葬られてきた事件の真実を暴く!

【内容】
◆競馬は影の部分がおもしろい――まえがきに代えて
第一章 八百長事件に潜む闇
◆ギャンブルの裏側
◆水一杯で能力が激減
◆ヤクザの親分にそそのかされる
◆明るみに出た八百長事件
◆大本命の競走中止で大混乱に
◆レースを捨てた騎手にファンが暴動を起こした
◆やましい人間は過剰に反応する
◆日本中央競馬会の信頼を失墜させた事件
◆戦後最大の八百長
◆競馬の素人が記事を書いた
◆動機は善意だった
◆疑わしきは罰せられる
◆甘い誘いに乗ってしまった
◆「華麗なる一族」との闇取引
◆異例のレース直後の記者会見記者
◆大崎昭一の八百長疑惑
◆保安部の「ノルマ主義」の犠牲になった
第二章 ノミ屋が中央競馬会を席巻した
◆ノミ屋のビジネスモデル
◆「企業努力」で顧客を獲得
◆「豪商」の構図
◆ノミ行為が認められていた時期があった
◆裁判で認められたノミ行為
◆JRAの放漫経営が招いた危機
◆真剣勝負のブックメーカーのオッズ
◆投票の多様化とともに存在価値を下げた
◆個性的なノミ屋の面々
◆五分遅れのカラクリ
◆東西のヤクザが一触即発状態に
◆億単位の儲けで豪遊
◆ノミ稼業の帝王
◆帝王の大勝負
第三章 疑惑の裁定
◆人為的なミスで巨額損失
◆確定するまで馬券を捨ててはいけない理由
◆掲示板の表示にファンが騒然
◆闇に葬られた判定写真
◆一着賞金を差し出して詫び入れ
◆地に墜ちたJRAの信用を取り戻した
◆審議と関係のない馬が失格処分
◆ゴール板を間違えて二着敗退

【「まえがき」より抜粋】
「歴史は史実を多く知っているからと言って書けるものではない。集めた史料を整理し、駆使するには、史観というものがぜひとも必要だ」
たとえ競馬、六〇年の歴史とはいえ、私にもそれが必要かと思う。私の競馬に対する史観は、競馬とは馬の競走を通して、人間社会が持っている善悪、正数と負数、表と裏、ピンからキリまでが、全部出た象徴の世界だ、ということだ。とくに裏、陰の部分がおもしろい。人間の本性が出ているからである。
しかし、これまで出版されている競馬の関係書は、ありきたりの名馬の物語か、そうでなければ、馬券作戦の本だった。だから私は本書で、本当に人間の本音が出た競馬の闇の部分を、名馬名勝負を扱った拙著『最強の名馬たち』(講談社)同様に、等身大で書きたいと思った。

【著者】

渡辺敬一郎(わたなべ・けいいちろう)
1936年、千葉県に生まれる。早稲田大学文学部中退。競馬評論家・大川慶次郎氏に師事し、競馬専門誌「ダービーニュース」編集長を務める。1966年に退社し、執筆活動を開始。
著書には『欧州黄昏競馬』(ミデアム出版社)、『海外競馬に行こう!』(東邦出版)、『ヨーロッパのカフェテラス』(徳間書店)、『最強の名馬たち』『平成名騎手名勝負』『強すぎた名馬たち』『日本競馬 闇の抗争事件簿』などがある。

kindleで買う!
koboで買う!
そのほかの作品をチェック!

【試し読み!】


Switch to our mobile site