播摩早苗著『人を動かすプレゼン術 心を揺さぶるポイント48』発売!

harima_presen ほんのわずかな差が明暗を分けるプレゼン。
相手の心を捉え、チャンスをモノにするためには、どういうステップを踏めばいいのか?
コーチングのプロフェッショナルが、人を動かすプレゼンのコツを伝授!

【〈まえがき〉から抜粋】
プレゼンの多くは、特別な発表です。それは「活動の集約の場」とも言えます。
事前準備では知恵と自己研讃を求められ、本番では聴衆の評価にきらされ、審判されます。そこで商談やプロジェクトの成否、個人だけではなく組織の成果まで決まります。
プレゼンが巧みになることは、ビジネスシーンで人を動かす技術がおのずと身に付くということなのです。あなたの社内外での評価、存在感がきっと増していくでしょう

【内容】
はじめに――人を動かす技術としてのプレゼン
STEP1 プレゼンの問題点を自覚しよう
プレゼンが下手だと損をする
なぜ、あなたの話は心に残らないのか
下手なプレゼンは、数字に跳ね返る
データ提示では、人は動かない
何を言うかより、どう言うか
見た目・言葉は重要
プレゼンの聴衆は疲労している
相手に起こしてほしい「行動」から目を逸らすな
STEP2 すぐにシナリオを書き始めない
「自分ごと」だと思わせよう
準備不足は最大の落とし穴
シナリオを書く前に知っておくべき七つの項目
STEP3 ここで決まる!「冒頭部分」をつくろう
プロローグでつかんで、絶対離さないコメントとは
テーマは四〇秒以内にズバリ
三つの情報を提示して自分を端的にアピールする
自己紹介を省略しない
プレゼン全体の「進行表」を提示する
相手の「儲け」を伝える
「相手の儲け」と「商品のメリット」は同じだとは限らない
STEP4 本編を作り直そう
シナリオ作成はプレゼン時間の数倍かける
「つながり」の矛盾を直す
文章のつながりがよくないと顧客は怒る
乱暴な論理を排除する
キーワードの「ズレ」「不一致」を排除する
STEP5 表現を磨き上げよう
伝わるはずもないことを話してはいけない
「~ですが」「~けれども」は徹底的に排除する
納得感が大きい表現に入れ替える
EQのいろいろ
納得感を得られないプレゼンは、効果的なEQを組み込む
常套表現をカットする
リスク回避コメントをカットする
難解表現をカットする
話し言葉に変える
相手に共感して、親近感を獲得しよう
プレゼンテーターの感情を「見える化」する
STEP6 相手を巻き込もう
「質問」で、聴衆の意欲を喚起する
回答をもらう質問を差し込もう
明確な答えをもらわない質問を使いこなす
聴衆からの質問に感謝を示しながら、余裕をもった対応をする
質問のふりをした意見にうろたえない
プレゼンテーターが答える以外の方法を利用する
すでに入っている情報をリセットさせる
クロージングを恐れない
STEP7 最後まで考え抜く
推敲で手薄な部分を発見する
魅力的な抑揚を追求する
もっと、たっぷり「間」をとろう
リハーサルは、一番厳しい先輩につき合ってもらう
自分の立ち姿は意外にショボイ
普通、という安心をつくる

【著者】
播摩早苗(はりま・さなえ)
HBC 北海道放送アナウンサーとして勤務後独立。コミュニケーション心理学、自己表現、コーチングを学び、2001年フレックスコミュニケーション設立。自らも 講師として、企業内の管理職研修、営業職研修、プレゼン研修を行うほか、ラジオ番組出演、経営者・管理職対象の講演などを通して、コーチングの普及活動を 行っている。
著書には『可愛がられ力』(すばる舎)、『リーダーはじめてものがたり』(幻冬舎)、『今すぐ使える!コーチング』(PHP研究所)などがある。

kindleで買う!
koboで買う!
そのほかの作品をチェック!

【試し読み!】


Switch to our mobile site